ご相談は

廃車現金買取センター

事故車、水没車、トラック、バンなど廃車のことなら、何でもお気軽にご相談ください。 経験豊富で親切・笑顔応対のオペレーターがお待ちしております。
「廃車って面倒くさそう」
「事故車でも買い取ってくれるのかな?」 「ローン残ってる場合は?」
まずは遠慮なくお電話でご相談を!


廃車手続き【一時抹消と永久抹消】どっちが得する?

廃車の抹消手続きの違いにより、自動車税と重量税還付の日割り計算が違ってきます。
自動車税の還付金は抹消登録の申請完了日からの日割りになりますが、啓愛社の廃車現金買取では、 事前に遡って現金還元します。
啓愛社なら全国ネット。帰りの足も心配なし。最寄の駅までは無料送迎付きです。

一時抹消登録の手順

「自動車の使用を一時中止するための手続き」で、所有者が長期出張・入院などにより長期間自動車を使用できない状態の時に、 一時的に自動車の使用を停止する場合などにこの手続きを行います。
次の手順で一時抹消手続きを行ってから解体することも可能ですが、 陸運局に二度行かなければならないので、自分でどうしてもやりたい人以外には、あまりおすすめできません。

  1. 一時抹消の申請を、陸運局に行って行う。
  2. 自動車重量税の還付が受ける。
  3. 解体業者に車を持ち込む。
  4. 解体証明書を陸運局に提出する。

永久抹消登録の手順(廃車手続き)

永久抹消は車両の解体(廃車)を前提としたもので、この抹消手続きを行うと自動車の再登録に必要な抹消登録証明書の交付を 受けられません。従ってこの手続きを受けた車は、日本国内での公道では二度と走る事ができません。

  1. 認可された正規の解体業者に車を持ち込む。
  2. 解体が完了すると解体証明書が発行される。
  3. 解体証明書を近くの陸運局に持って行き、抹消申請に手続きを行う。
  4. この日からの日割りで自動車重量税の還付が受けられる。

使用済自動車(廃車)を解体し、永久抹消登録の申請をするときは、 自動車リサイクル法に規定する手続きにより、解体されたことが確認できる事項を明らかにしなければならないこととなります。 当社の【廃車買取センター】では、抹消日を遡って役所に代わって、お客様に現金で先行お支払いします。