ご相談は

廃車現金買取センター

事故車、水没車、トラック、バンなど廃車のことなら、何でもお気軽にご相談ください。 経験豊富で親切・笑顔応対のオペレーターがお待ちしております。
「廃車って面倒くさそう」
「事故車でも買い取ってくれるのかな?」 「ローン残ってる場合は?」
まずは遠慮なくお電話でご相談を!


廃車買取り業者の選び方

廃車はお金になりますので、買取を行っている業者は様々ですが、大きく分けて、 解体免許をもっているかどうかで、2つに分類されます。
廃車の最終解体・リサイクル処分は正規の国認定解体業の免許とリサイクル工場を持っている業者しかできませんので、 それ以外の業者が買い取った廃車は、最終的にリサイクル業者に持ち込まなければなりません。
ディーラーやネット買取業者あるいは、比較サイトでの紹介者などは、そこで中間マージンを取る仕組みになっています。

良い廃車買取り業者の見分け方

  • 自社のリサイクル工場をもっている買取り業者であること
  • リサイクル工場は、自動車リサイクル法に基づき、国に認可されている工場であること
  • 車から取り外した部品を、国内販売だけでなく、海外にも輸出している業者
    車の部品の中には、高値で売れる物がたくさんあります。
  • 車のリサイクル処理を、きちんとホームページで説明してある会社
  • 事故車や解体車も有料で引きとってくれる会社
    スクラップ同然の車でも、金属部分を的確にリサイクルすることにより、価値を生み出せる会社が良い。 今や、金属は貴重品な資源なのです。

危ない廃車買取り業者の見分け方

  • 「自動車税」「重量税」「自賠責保険」の還付手続き等を教えてくれない引取り業者。
  • 国認可のリサイクル工場を持っていない業者
    車の解体には、リサイクル法に基づいた認可を取得した解体専門工場が必要です。修理工場と解体工場を兼用すると法律違反になります。
  • 廃車として直接取り扱わない業者
    これは間違いなく損します。手数料をとられる上、車そのもののに価値をつけてくれません。 中には、税金の還付金を返してくれない業者もいるので要注意です。
  • ホームページ内での「運営会社」「会社概要」欄などを必ず確認しましょう。 自動車リサイクル法による許認可や解体業認可を取得している会社かどうかがチェックポイントになります。

年式が古い・走行距離が10万kmを超えている。
車を買換えに行ったら、下取り査定ゼロ円!
事故車や故障車だけど、廃車にするのにお金がかかる!
と言われた。
廃車にする車を解体屋以外に持ち込んで、下取りや買取り、あるいは抹消手続きを頼んでも、 結局は自動車解体業者のもとへ送られ、手数料を支払うことになってしまいます。

啓愛社

廃車専門リサイクル工場の
啓愛社【廃車買取センター】へ

手数料一切不要で、そのお車にお値段をつけて
買い取らせて頂きます。